キャットタワー選び:猫の住居

斜塔になったタワーがついにご臨終を迎えたので・・・

タワーを新調することにしました。
a0021523_12593685.jpg

気に入ったのは、このへん。どれもかわいいなー ていうかモデルの猫さんがベッピンさん。

老いたとはいえ、やきちよさんの木登り力は健在。
スペック表によると今のタワーが240cmだったらしいので、それより低いと物足りなそう・・・

猫と暮らす部屋 NAVERまとめ』 いいなーこんな部屋に改造したい・・・!!('∀`

デッドスペースや和室の鴨居を活かして・・・  ええ、以前やりました。

そうでした。思い出しました。

押入れの天袋、開放してたこともありました。
棚の上は毛だらけになり
押入れまわりはボロボロになり
吊った棚はチェーンを切られ支えも壊れ、板ごとすべてが落下して家の中がめちゃくちゃになり
それも数回やられて落下地点にあったものはことごとく壊れ
賃貸なのに壁板まで剥がされ(後で貼ったけど)、

・・・・。思い出したよ・・・。だから今の部屋に移ってからは、押入れは閉鎖したのでした。

押入れ開放しとくとジャンプの助走や登った後に足を着く位置全部がキズだらけになって
後で修復すんの大変だし、押入れの天袋の手の届きにくいところまで毛だらけで掃除が大変・・・
そうだった。

だめだめ!!危なく失敗を繰り返すところだったよ。
『猫と暮らす家』は 持ち家で、ねこさんのために1部屋潰す覚悟がないと、夢!!!!!


前の部屋10年以上住んで大家さんも大目に見てくれたけど、
(請求ゼロって奇跡的だったよまじで)
出る前に壁クロス自分で貼り替えたもんなー!!
それも貼ってすぐ寅に爪さされてヒヤヒヤしたし

ウッドカーペットも自分で替えた時はあまりの重さに死ぬかと思いました・・・

で、話戻してキャットタワー。





我が家は、耐震構造?か、天井がぼよんぼよんのクッション構造?みたいなやつで、
(引越し屋さんも「なんだこれー」とビックリしてた) 
『突っ張り』ポールで突っ張って固定できないのです。
まあ、今までのもつっぱりタイプだけどそのまんま置いてたんでムリがあったんだろうけど・・。

今のが壊れた原因は、子供が乗ったせいもあると思うけど
金属疲労と板疲労というか、ネジ穴の緩み。
毎日ツメ研いだり、タックルしてると 突っ張ってない支柱にはどうしても負担がかかって
少しずつネジ穴が広がってしまったようです。

支柱、折れた・・・(´Д`|||
あかんやつや・・・

写真のみたいに、柱が3~4本ある『据え置きタイプ』だともうちょい安全で、
どっしり安定感もあるんだけど 台の面積も今よりデカくなるので若干場所をとります・・。
あとどうしても、高さが150cm程度と低くなってしまう。
やきちよさんは今も押入れをちょっと開けると ギラリ!!!と狙っているので油断なりません。

こんなのも理想・・・ →猫のインテリア家具*猫と暮らすインテリアのご提案

まあつまり、空っぽの本棚的なものがたくさんあるといいんですが、・・・
綺麗ごとだよ!!こんなの!!!!!!ヽ(`□´)ノ 










[PR]
トラックバックURL : http://yakichiyo.exblog.jp/tb/18415405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hanaweb | 2013-08-22 18:54 | ねことの暮らし | Trackback | Comments(0)

ロシアンブルーのやきちよさんとのくらしです。&(今は天国にいる)シベリアンハスキー風Mix猫の文太&茶白トラ猫の寅次郎(愛称:プー)もいるよ。※写真はたまに、拡大。


by hanaweb