検査の予約をしました。

やきちよさん、また病院へ。
検査の日が決まりました。連休明け、すぐ。

卒園と入学でただでさえ月末から月初にかけて
たくさんお休みしなきゃないというこの時期に
また会社休まなきゃないのか... (›´ω`‹ てことなんですが、

CTの検査は平日のみ、予約制。というので
どうせいつか休みを取らなきゃいけないなら、1日でも早いほうがいい。
と思いまして。
お仕事、ごめんなさい。今はやきちよさんの命を優先させてください。
a0021523_00543440.jpg


では命に関わる危険なものなのか。っていったら
「腫瘍といっても悪いと決まったわけじゃない」ので
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ



検査して、できものが出来ているだけのようなら
全身麻酔のついでに、CTとってわかったらすぐ同じ日に悪い部分は取り除く。
ということも可能なのだそう。

悪いものばかりじゃない、ってことを聞いて 少し希望がもてました。
やきちよさんの鼻血が治らず、ネットで調べると怖いこと悲しいことばっかりいろいろ見てしまって、
すぐに治してあげたい、できることなんだってしたい、
と思うけれども、CTの検査にまず10万円とか。それも全身麻酔。
それから癌だとしたら放射線治療や抗がん剤をしないと治せない、
でもその治療を進めるには70万円とか80万円とか。。

絶対に治せるのなら、そしてやきちよさんに体力があるのなら
できることならなんでもしてあげたいけど、そこまでの額になってしまったら
決断ができません・・・
やきちよさんの命に値段はつけられるものではないけど、
予算なんて言い方はしたくないけど、
ここまでなら出せる・・って額がやはり、ありまして...

ということをお医者さんに正直に話したら うん、うん、そうですね、
という感じでよく聞いてくれました。
「まずは(CT)見てみないとわかりませんから。」

検査するなら早くしていればよかったのだけど、
費用のことと、全身麻酔ということがあり、
文さんの時みたいにいろいろ無理して猫様も私も苦しくて、お金もじゃぶじゃぶかけて
結局甲斐もないなら そんな虚しいことはもうしたくないし、しない。
高齢でもあるし、やきちよさんがやきちよさんらしく、
平穏に過ごせるようにしたい。と決めていて

ちょうど病院が改装工事中でCT使う検査が3月までできないということもあり
そこにかまけて先延ばしというか、考えていたのでした。

そろそろ決めないと...と思っていた矢先、今週のはじめに
やきちよさんが激しくくしゃみをしたところ、血しぶきが飛び散って
さすがに私も慌ててティッシュで拭いていたら
口の中が血だらけになるほどの量の鼻血。

衝撃的な絵なので写真など撮れずここにも書けなかったけど

その日思ったのです。
やっぱりいやだー!こんなかわいそうなやきちよさん、見てられん!!
と。
その日がなぜか、なんと、病院の改装工事が終わって
リニューアルオープンの日でした。

平日急には休めなくてやっぱり土曜の朝、がんばって病院行ってはみたけど
みんなオープンを待っていたのかすでに何十人もの順番待ち。
子供の習い事があるため診察券だけを置いて帰り、
午後の習い事にまた出かける時にまたやきちよさんをキャリーに入れて(ごめんね)
もう夜でも一番最後でもいいや、と時間をつぶしつぶしやっと診てもらって、
帰ったのは21時半でした。子供もやきちよさんも、私もへとへと。
だけどみんなよくがんばったよ。ありがとう。

人気の病院なので、夜最後の受付時間19時を過ぎても軽く20人は待っていて、
大きめの病院なのに座る場所もなく。
子供が寝る時間が遅くなってしまうので近くのファミレスで夕飯を済ませていたら
耐えられなくなったやきちよさん、キャリーのファスナーのところを爪で引っ掻き、
こじあけて上半身を出してきたのでびっくりしました。
ファスナーってそういう壊し方できるのか。。
あかんやつ。
頑丈なほうのキャリー、実家に置いて来ちゃったんだよなあ。
ハハに持ってきてもらおうかしら。

ちなみにこじ開けられたファスナーは、もう1回戻して締めなおすとすぐ閉まります。
しかしこれ、何回もやられたら壊れるよなあ。キャリー買っとくか。
a0021523_00543589.jpg


ここ数日になって、その鼻血を出して以降なのですが、
なんだか顔も腫れぼったくなってきた気がします。
眉間のところ。昨年の後半ぐらいからよく涙も出していたけど、
この頃両目から結構多めに出ているので やっぱり何か、出来ているような感じがする・・。
腫れてきた顔が重いのか、うつむいていることが多くなったし・・・。

お医者さんいわく「このまま様子を見ていても何も良くならないので、
とにかく撮って、早く次のことを考えるしかないですね。」
ですよね・・・ですよね・・・。

「やきちよ、がんばろうな。」と話しかけてもらって、気持ちがさらに固まりました。
やきちよさん、がんばろう。

そういえば 前回の検査の時、採血しながら(今日とは別の)お医者さんが
「やきちよー、おとなしいねえ。
ロシアンブルーって攻撃的な子が多いのに、やきちよはおとなしいですね」
というので、
やきちよさんが、おとなっしいって(´∀ `;

「いやあ・・・歳のせいかも・・。若い頃はほんとにやんちゃで。
家出して、1km離れた街にいたり・・・」 と言ったら
先生が「えっ!???? それはすごいですね!」と私が思った以上に驚いてました。
「でも帰ってきたんだ。どうやって??」というので
「ええと、電柱に貼り紙したりとか・・・。来た情報をたどって。」と答えると
「へえ〜〜。それはすごいですね。よく捕まえられましたね。へえ〜・・・。」と
外猫の怪我ぐらいいくらでも見ているはずのお医者さんがそんなに驚くので
やっぱりけっこうすごいことだったんだ。。。と今さら。しみじみ。

そうなのです。
やきちよさんは、何度迷子になっても、必ず私のところに帰ってきてくれた、奇跡の子。
今回の鼻血だって、案外きれいに治ってくれるんではないかな!
いやそうに違いない!! と気持ちを前向きにもってってみる。

もう15歳だし。とか思ってしまっていたけど、
15年間まったくの無病でやってきたやきちよさん。
大食いなのに痩せてるし声かれてるし、病気にちがいない!と
保護猫何匹も看ているボランティアさんにも間違われたり

お医者さんもだいたい険しい顔して検査をするのですが、
血液にも腎臓にもいつも異常のない、やきちよさん。
やきちよさんとまだまだこの先も、ずっと一緒に暮らしていたいのです。


病院からへとへとで帰ると、寅さんが玄関でにゃーにゃーにゃーにゃー、
鳴いて鳴きまくってました。
やきちよさんが家出した時もよく夜中に吠えていたけど、
寅は1人ぼっちに耐えられない、寂しがりやなのです。

疲れて座り込むやきちよさんに近づいてって、ペロペロしていました。優しい子。
そうだよね、寅ちゃんだって、やきちよさんに元気になってほしいよね。。


そんなへとへとの散々の診察でも、せめてもの救いは
お会計がなんと、 ¥0 だったこと。
今回は採血も薬もなかったとはいえ、体重と体温は測ってるのに再診料も取らないって、
良心的というか、もうありがたすぎる(´;ω;`)ブワッ
キャリーに長いこと入れられて疲れたやきちよさん(と、私たち)の負担減のため
今日はタクシーに乗りました。
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
[PR]
トラックバックURL : http://yakichiyo.exblog.jp/tb/23728510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hanaweb | 2017-03-19 01:16 | ねこの健康 | Trackback | Comments(0)

ロシアンブルーのやきちよさんとのくらしです。&(今は天国にいる)シベリアンハスキー風Mix猫の文太&茶白トラ猫の寅次郎(愛称:プー)もいるよ。※写真はたまに、拡大。


by hanaweb